本当に効果がある視力回復方法は?

視力回復トレーニングアイトレーニングなどの回復方法はたくさんありすぎて、どれが本当に効果があるトレーニング方法か悩みますね。最近の視力回復トレーニング教材には返金制度もありますので、お金の面でそれほど神経質になる必要はないと思いますが、やはりどうせならちゃんと効果があるトレーニング教材を選びたいですよね。

 

そこで、子どもにあったトレーニング方法を選べるよう、今巷に出回っているトレーニング教材がどのようなものがあり、値段はいくらなのか、実際の効果はどの程度あるのか、などについてまとめていきたいと思います。

 

眼科で行われているアイトレーニング 「ワック」

目の筋肉を鍛えることで視力回復を促すトレーニング方法。
眼科で行われている一般的な方法で、眼科に通う必要があります。
費用は病院によって違いがあると思いますが、保険が適用されますので1回数百円程度かと思います。

 

この方法は昔から行われている方法ですが、実際に視力回復の効果があるかどうかは定かではないよう。
もともと視力回復のための機器ではないそうなので(だったらなぜ病院にあるのか疑問だが)、効果は一時的とも言われています。
週2〜3回通院する必要があるようです。

 

眼科の目薬「ミドリン」

視力が落ちると、とにかく眼科はまずこの薬を出します。
ミドリンはそもそも近視回復のための薬ではなく、瞳孔を開くための薬なので回復効果は一切ありません。
保険適用で1,000円程度ですが、視力回復効果がないため、この目薬を指し続けても視力は回復されません。

 

視力回復センター

眼科とは違い、視力を回復するための視力回復センターは、場所によっても多少の差はありますが、やはり10万〜20万程度の費用がかかります。
視力回復に特化しているため人によっては効果を期待できることも多いですが、中には効果を全く感じられないまま高額な費用を支払わなければならないということもあるようです。
視力回復センターはどこにでも存在するものではないため、自宅の近所にない場合は通うのには無理がありますよね。
また費用が高額なため、この金額ならレーシックの方がいいのではないか?と思う人もいるようです。
それくらい、視力回復センターは非常に高額で曖昧ですが、唯一効果が期待できるのはこちらかもしれません。

 

アイトレーニングキット・アイトレーニング教材

視力回復センターに通わなくても似たような教材を購入することで自宅でも視力回復ができるのがこの教材タイプ。
金額も安く、効果もしっかり期待でき、さらには返金制度もあるため非常に人気が高いです。
ただし、この視力回復トレーニング教材・アイトレーニング教材は子どもが気に入ってトレーニングを継続して行ってくれるかどうかというのは非常に重要な問題になってきます。

 

視力回復センターや病院であれば、決まった日に確実に通うことになるため、とにかくその場所まで送り届ければ何とか継続できると思います。しかし、この自宅で行えるトレーニング教材は、親が子どもにしっかりと毎日継続して行わせなければならないため、そういった意味では継続できるかどうかは親にかかっています。
金額は2万円前後のものが多く、返金制度がついていることが多いため、初めてアイトレーニングをスタートする方にはオススメです。

 

視力回復のポイントは「すぐに行動すること」
小学生の視力回復は、とにかく早ければ早いほど回復しやすいと言われています。
子どもの視力低下は予兆であることが多く、本物の近視などになる手前である可能性が高いんです。
目の筋力が疲れていたりするだけで視力が一時的に低下しているような場合、視力回復トレーニングは最も効果的と言われています。本物の近視になってしまう前に、少しでも早く視力回復トレーニングを行ってこれ以上視力が低下しない環境を整えておくことも非常に重要です。

 

眼科の先生から「いったん様子をみましょう」と言われるのは眼鏡になる前の段階であり、回復の見込みがあるということ。
諦めずにすぐに視力回復トレーニングをスタートするようにしましょう。